鶯谷風俗の業種はバラエティ豊富なので、自分のエッチのテクニックのレベルに合った風俗店の求人情報が見つかるらしいですよ。

SMクラブで働いてみたいという人にお勧めしたい鶯谷風俗の求人情報

SMクラブは鶯谷の風俗の中でも特殊な部類に入ります。SMのSはサービスのSで、Mは満足のMということで求人募集をされていることも多いです。サディズム・マゾヒズムの省略とは違う角度で女の子を募集しているのです。あなたが風俗でM嬢の経験があるならば女王様になる場合には有利です。

SMは知的なプレイと言われ、イジメを解放させる精神的なSEXプレイのひとつです。スタイリッシュなボンテージスタイルのイメージが強烈ですから、映画やテレビでもテーマとして取り上げられることも多いですね。こんなSMクラブの鶯谷の風俗で働きたい女の子も中にはいます。

自分の性癖がそのままお金になるのですから一石二鳥です。他の風俗とは違う雰囲気があり、顧客は高所得者が多いのが特徴で女の子からも人気が高い仕事です。特に人気があるのはM嬢ではなくてドSの女王様役です。実際にはM嬢よりも女王様役のドSの方がさまざまな気配りをしなければならないのでサービス精神が要求されます。

SMの老舗店の場合はいきなり女王様役にはさせません。SMプレイの全体の流れや展開のパターンを学ぶ必要があります。だから一定期間はM嬢として経験させて修業を積むことをさせています。相手を痛めつけたり傷つけたりするイメージがSMにはあるでしょう。

けれども実際のSMプレイでは痛めつけるよりも相手に恥ずかしい思いをさせることを主眼に置いています。ムチで身体を打つ場合でも痛めつける目的ではありません。動物に対するような仕打ちをすることによって顧客のプライドを傷つけるのです。そして辱めることを目的としているのがSMです。

仕事でストレスを抱えている人は日常的にはずかしめられている感覚でいます。そしてストレスを解消するためにSMクラブに行って逆にSになって相手をはずかしめるのです。日常的に部下の前で完璧な人間を演じる管理職は気持ちが疲弊します。SMクラブで自分のはずかしい姿をさらしてストレス解消するのです。

◆鶯谷の風俗店で稼げると噂のお店の求人情報の探し方って知っていますか?
単体女優がモデルプロダクションの仕事の中で一番人気で稼ぎも一番いいです。風俗系でもモデルプロダクションの求人は容姿端麗で個性的なキャラが要求されます。しかし、中には友だちや親にバレるのが困る女性もいるでしょう。そんな場合はメディアへの露出が少ない企画物の女優さんやインディーズの女優さんになる道もあります。

単体女優になっても企画物の女優の仕事やインディーズメーカーの仕事もあるんです。もちろん単体女優よりも収入はダウンします。インディーズならば繁華街にあるようなアダルトショップやアダルトビデオ専門店に限定しての販売になります。知人にバレる危険性も低いでしょうが、インディーズ作品から人気になることもあります。

そうなればメジャーの単体女優にステップアップしますから、常に親バレや友だちバレのリスクはある仕事です。1本のアダルトビデオ作品に10人以上のアダルトビデオ女優が共演するタイプの企画ものに出演している限りは名前が大きく紹介されることもありません。

顔のアップも少ないですから知り合いにバレるリスクはとても低いでしょう。また「覗き企画」とか「ナンパ企画」などあくまでも一般女性というシチュエーションで出演する仕事もあります。こういった仕事の場合は一般女性という設定ですから顔にぼかしが入ります。

バレるリスクはとても低いです。もちろん収入は少なくなります。アダルトビデオ女優だけがモデルプロダクションの仕事でもないです。その中でも多いのが鶯谷の風俗系のアダルト雑誌のモデルの仕事などもあります。基本的にはヌード撮影になることが多く、撮影場所も山の中やホテルやスタジオなどいろいろです。

女性ひとりが被写体でのケースもあるし男性との絡みのシーンを撮影する場合もありますが、絡みのある撮影はギャラが高めです。男性との接触を避けたいならば「絡みはNG」という条件で求人に応募することもできます。アダルト雑誌のパンチラ企画モデルなんかもありますし、これならば顔出しはしません。

スカートと下着を履き替えてスカートの中だけを撮影する仕事です。下着モデル・エステモデル・整形外科のモデルなどもあってセクシーさを求められない仕事が風俗求人情報サイトにもあるから意外ですよね。

最新記事

鶯谷のオナクラ風俗の求人情報を徹底解剖してみました!

風俗求人といえば、一昔前までは、多額の借金などを抱え、なくなく体を売る商売といったイメージではなかったでしょうか。


Copyright© 2016年2月8日 特殊な業種からいわゆる普通なものもある鶯谷風俗の求人情報サイト
http://www.martini-media.com All Rights Reserved.